保育士の試験で問われる内容は

保育士の資格を得るためには、年に一度行われる保育士試験に合格する必要があります。

試験は筆記と実技からなり、筆記は毎年4月、実技は7月に行われます。


ただし実技試験を受けるためには、筆記試験の対象となる全ての科目に合格する必要があります。

筆記の科目は保育原理、教育原理および社会的養護、児童家庭福祉、社会福祉、保育の心理学、子どもの保健、子どもの食と栄養、保育実習理論の8科目です。



マークシート方式が採用されており、100点満点中60点以上を得点すれば合格となります。ただし教育原理および社会的養護の科目については、教育原理が50点満点、社会的養護が50点満点となり、それぞれで30点以上得点することが求められています。



実技で問われるのは音楽、絵画制作、言語の3分野です。



どれも保育士として働くためには必要なものですが、試験ではこれらの3分野の中から自分で2つを選択しておこないます。音楽は課題を伴奏しながら歌を歌い、絵画制作は色鉛筆を使って保育現場の一場面を描きます。

言語は3分以内で子ども向けの話をすることになります。これらの課題については合格基準が公表されていないため、明確な対策をとることはできませんが、1分野50点満点で30点以上得点すると合格になります。

なお実技の受験科目については、合否にかかわらず受験申請をする段階で決定しておかなければいけません。

講師に相談したり、課題が明記されている受験の手引きを参考にするなどして判断しましょう。